増えている

断熱改修をする意味は、住宅の中の温熱環境を整えることであり、冬と夏に起るそうしたさまざまな問題を、同時に解決することになります。 リフォームによって十分な断熱改修を行うことができれば、省エネルギー性能は格段に高まり、温熱環境も安定して、快適に暮らすことができるようになります。 また、高齢者にとっては、快適性だけではなく、ヒートショックなどの健康被害を防ぐという重要な意味も持っています。 今後ますます、リフォームをする場合には、断熱改修の比重が高まってくることが予想されます。

リフォームで断熱改修を行う場合に、特に注意して検討すべきポイントが2つあります。 1つは住宅の熱をもっとも逃がす場所である窓で、もう1つが気流止めです。 窓については、複層ガラスや断熱サッシへの交換や、内窓の設置などを検討することが大切でしょう。 意外と見落とされがちなのですが、効果が大きいのがもう1つの気流止めの設置です。 断熱性能の低い住宅の大きな問題点の1つは、壁の中を空気が動くことです。そしてこれを防ぐのが気流止めです。 1階の土台上と天井裏、2階の桁上と天井裏などに、断熱材を入れた上で、気流止めを設置して空気の流れを止める工事を行うことで、格段に断熱性能を高めることができます。 また、こうした工事が予算的に厳しい場合には、必要な部屋にしぼって、断熱補強とともに気流止めを設置するだけでも、かなりの効果があります。