種類を知る

リフォームには様々な種類があり業者がひしめき合っています。リフォームの種類には、全面、内装、外壁、キッチン、トイレ、フローリング、ニ世帯住宅、耐震補強など様々なものがあります。 どのリフォームも最低でも数十万円はかかります。全面リフォームに関しては1,000万円以上かかることもあります。実際に、全面的に行う場合は約半数が1000万円以上の予算を準備しています。 ここからわかることはあ、住宅も新しく建築しておしまいではなく、先々の計画としてまとまってお金の準備しておくことが必要ということです。

ただリフォームと似たような選択に建て替えがあります。建て替えとは、いちど全てを壊し 0からもう一度建て直すことをいいます。これに対して、全面リフォームの場合は、最低でもスケルトン状態、つまり柱だけは残しておいてそれ以外を新しくするものです。それぞれの使いわけですが、家のあらゆるカ所に故障が出たり、全面的に直したい場合は建て替えをするべきでしょう。 また予算に余裕がある場合、例えば2,000万円以上は準備できる場合は、建て替えをした方が長期的に考えて有利です。 これに対して予算が1,000万円程度しか用意できない場合や家の数カ所を直したい場合はリフォームで十分だと思われます。 このように、その場面によって使い分けるべきでしょう。